Home > 事業紹介 > レジオネラ菌対策

レジオネラ対策は万全ですか?

レジオネラ菌…ほんの20数年前までは、その存在さえ知られていなかった細菌です。

劇症肺炎の5割はこの菌が原因菌だと断定する科学者もいます。

主に、循環式浴槽や、貯水タンク、噴水などの配管やろ過機の中でバイオフィルムとなって異常繁殖します。

普段は土壌中にいて、人が感染する事はまずありませんが、ここ数年、温泉施設に於いて数人の死者を出す事故を引起しました。

静岡と茨城では発生した「レジオネラ大量感染事故」では、施設管理者が責任を問われ、刑事責任にまで発展しています。

 

 

欧米では何年も前から水道水の殺菌に使われている「二酸化塩素」が主成分。強力な殺菌効果がありながら、人体には100%安全です。

 

レジオネラ菌を始めとする雑菌の温床・バイオフィルムを完全剥離。元から断つから確実にせん滅できるのです。

 

塩素のように鉄分に反応しないので赤水にはなりません。

キレート剤(安定剤)にオレンジ系天然植物を採用しているので肌にやさしい水をつくります。

 

日本の温泉に多いアルカリ泉質。塩素系ではその効果が減弱するアルカリ泉でも、シエラスパなら浄化効果が維持できます。